ロックのクラシック化

ロック黄金期といえば70年代ですが、70年代までに活躍していたバンドやアーティストは現在みんな70代以上の老人です。ストーンズ、ポール・マッカートニー、YESや多くのレジェンドは今でもライブを行ってます。が、それも多分あと数年。引退や他界で観ることができなくなって行くでしょう。

Pink Floydはすでに解散状態、Genesisは活動終了、ELPはメンバー二人が他界。

Cruise To The EdgeでGONGやPink Floydのトリビュートバンドのライブを観て思ったことですが、もうオリジナルのメンバーじゃなくてもいいじゃんって事。

GONGなんてリーダーが他界してても残りのメンバーでとても素晴らしいパフォーマンスを体験できました。 その曲が良くて忠実に再現してくれてその演奏が素晴らしければ。つまりクラシック音楽のように、誰が指揮しても演奏してもいい曲はいい。

名曲中の名曲Genesisの「Supper's Ready」は、例えオリジナルメンバーがスティーブ・ハケットしかいなくても十分。いろんな人に長く繋がっていけばいいと思います。




© 2017 by KMST TOKYO INC

dolby-atmos.png