最近携わった多国籍アーティストたち

最近CDマスタリングやDVDオーサリングをさせて頂いた個性的なアーティストを紹介します。


Covet(アメリカ)

アジア系アメリカ人女性イヴェット・ヤング(Gt/Vo)を中心としたトリオ編成のポストロックバンド。タッピングギターによる変則的な新世代サウンド。

昨年のArcTanGentフェスに登場しましたが、気づかずに見ることが出来ませんでした。

Oranssi Pazuzu(フィンランド) 歌い方はブラックメタル、サウンドはジャーマンロックやプログレやメタル。 先日ライブ配信された映像はカッコいいの一言!邪悪なCANのようなパフォーマンスでした。来日期待です。




Blues Pills(スウェーデン) サウンドやビジュアルが完全に60-70年代のヒッピースタイル。

いかにもなサウンドですがシンプルにカッコいい。

所属レーベルがニュークリアブラストのため、メタル界隈で異彩を放っています。




Myrath(チュニジア)

アラブ系ハードロックバンド。サウンドに中近東要素が盛り込まれてますが、基本はシンプルなハードロック。元ジャーニーのスティーブ・ペリーなみの歌唱力には抜群の説得力があります。楽しみにしていた今年の単独来日公演は来年に延期となりました。




© 2017 by KMST TOKYO INC

dolby-atmos.png